10月30日 プチ時合のちプチタックル

かれこれ1週間ちょっと魚とのふれあいはない、
となると釣りに行きたくなるのが釣人の常、釣りバカ熱を冷ますために
潮風にあたりに、日が完全に落ちた泉大津の砂上げ場に、、、

ここは自宅から車で5分少々ほんと便利なところ、

北風爆風~、熱冷ましどころか熱出る~

釣りする気はなかったので竿も出さず、辺りを見渡すと釣り人と車がいっぱい。
いやーあなたたちも好きねーこの風の中…

日が暮れてだいぶ立っているこの時間は、太刀魚のうき釣りくらいのはずが何やら賑やかだ。

目の錯覚か? 鈴なりで15~20cmのマアジが

釣!釣!釣れてる~
そこらで1091!


車の中を見渡すと、ワインド用のロッドとリール、サビキ4号はある。
そうとなれば、

いつ釣るの? いまでしょ!(笑)

おもりがない、ごそごそ車内を探すと20gのオカッパリ用のジグ発見、ラッキー

餌のアミエビはないが、そんなときは「すりすり作戦」決行。

景気良まきえするファミリーのそばで第一投。

はいアタリ!穂先が固いので慎重に巻き巻き、で、でかい!
20cmのアジが4連…


そして、釣りバカ熱の再発…

気がつけば、15分ほどで30匹。(証拠写真なしですが)
クーラーもなにもないのでコンビニ袋に入れて終了。
いやー周りはまだまだ釣れてるので必死だけど、刺身にはこれで十分。

熱冷ましが、熱を上げてしまう事態
気を良くして釣り具屋へ~


実のところ、最近師匠艇での釣行では毎回海に帽子を奉納している。
新しい帽子を買おうということで寄ったが、カワハギ仕掛けが目に止まる。
DSC_0080_convert_20131030220404.jpg

仕掛けのビーズもフロロも手持ちであるので、
お手本はこれを写真にとってこの通りに作ろうと、とってもせこいが写真だけにして、ハリだけ買うことに。
DSC_0079_convert_20131030220541.jpg

師匠艇は先日カワハギを釣られていたが、そういえばカワハギ釣りを近く検討中ということ。
カワハギ釣りはしたことないが、先調子の82くらいがいるようなことを耳にした記憶を都合よく思い出し…

ふら~、ふら~

カワハギロッドはたくさんあるが、それにしても高い。
ダイワの極鋭とやら鯛ラバ安ロッドが3本くらい買えそうだ。
こんなの無理無理。

何やら視線を投げかけてくる値札がついたやつがいるぞ、「私いまなら50%オフなんです~すりすり」。

そいつは『ダイワA-ブリッツ モバイル カワハギM170』

メガトップ搭載、4ピース継の仕舞40cm強、とってもかわいいぞ。
波止場でもどこでも釣れていけそうでその姿に一目ぼれ。
買っちゃったというべきか、やっちゃったというべきか…
でも、師匠艇での釣行がまた一層楽しめそうな一品なので良しとしよう。宵越しの銭は持たないのだ。
DSC_0081_convert_20131030220457.jpg



機嫌良く帰宅、はて何か忘れているような。
確か潮風にあたって、帽子を買いに行ったのでは???

まぁーいいや

当分、ヤンマー100周年記念帽でもかぶってよー。
お船の絵はいただけないけど、作りもしっかりしているしかぶり易いので良しとしよう。

そういえば、カワハギ釣りも大事だが、ぶるまん師匠との「がっくし鯛釣り大会」(参加制限:○ボー菌保持者)
も楽しみだな~。
ぶるまん師匠から以前連絡頂いたお言葉に甘えて、どこかで乗船のお願いの電話しよー。

ふー、まだまだ、釣り熱は冷めない…
もう一度潮風あたりに行こうかな…(爆)

DSC_0082_convert_20131030220640.jpg

MY釣果
アジ 15-20cm 30匹

潮汐&潮流
天気 真っ暗&爆風 (日没 17時8分)
若潮 10時6分 74cm / 16時30分 137cm / 22時53分 71cm
スポンサーサイト

10月24日 鯛ラバ衣替え どれが釣れるかな?

先日、某スーパーの鮮魚コーナーでみた魚達…
おっそろしく高い…
DSC_0071_convert_20131024204316.jpg
DSC_0070_convert_20131024204354.jpg

太刀魚は指3本ちょっと、ガシラは20cm びっくりだ。
ガシラは嫁さんと子供が大好きな一品で、メバルよりもガシラというくらいガシラ好きでも手が出ない。

さて、今週末は、台風の影響もあり海は荒れるのかな?
どっちにしろ、結婚式に参列で週末の釣行は無理。

釣り道具の手入れでもと、ふと目にとまったのは過去2回の釣行で頑張ってくれていた鯛ラバ君たち。
フグの猛攻撃に遭い、みる影もない姿で、ボロボロの服をきている。
写真を載せるにはモザイクが必要なほどシースルーだ(笑)。

フグ調達要員としての大事な任務もある、せっかくなので鯛ラバ衣替え~

せっせとネクタイ、スカートを付け替えていく。
気がつけば、色鮮やかな着せ替え人形で遊ぶ子供のように夢中で暴走~

4つの補修以外に、新たに作成開始~! 

定番オレンジチーム。
ちょっとづつ、違うテイストで作成。
まぁー鯛には色の変化は認識ができていないともきくので自己満足かな。
DSC_0072_convert_20131024204442.jpg

続いて、ピンクチーム。
色的に綺麗で好きなチーム、でもまったくアタリを感じられないのは今の時期だからだろうか?
DSC_0074_convert_20131024204548.jpg

次は、レッド&ゴールドチーム。
赤色もよく当たるというがまったくアタリの経験なし、これだけ濃い赤色水深30M付近では、可視光の減衰で黒色なんだろうな。
ゴールドチームは今回初めて作成!
九州など一部のエリアではゴールドがきてるというネット記事をみてとりあえず作成。今度試してみたい一品だ。
DSC_0075_convert_20131024204618.jpg

次は、変わり種の変態チーム!
パールホワイトとグローを何となく作ってしまった。
深いところでは意味があるのか、ないのか 陽の目をみることもないかもなー
DSC_0076_convert_20131024204646.jpg

っと、ファッションショーの準備も完了!!

おっとお化粧を忘れていた、、、
DSC_0073_convert_20131024204516.jpg


しっかりメイクしてファッションショーの準備完了!
DSC_0077_convert_20131024204717.jpg


さぁー、どの子が一番人気モデルになるのか???
それともフグ調達要員の交通整理係で終わるのか???


どの子も、釣れないというオチもあるかもね!(爆)

次の釣行の機会が待ち遠しいな~。。。


10月19日 せめて1/4の権利!?

予報は曇り時々雨、午後北東風が吹くということだが
行くなら土曜ということで、急遽YAKUMO師匠に誘われて出漁。
今回は、鯛メインでアジもするという一日鯛ができるうれしいお知らせだ。
もちろん私は、鯛ラバでフグを釣る専任クルーだ。(笑)

Yさんも一緒だということでめちゃくちゃうれしい。
(釣りに行くのは昨年以来、今の私の鯛ラバ アドバイザーだ。普段は明石でされているらしい)

AM05:00
港へ車で移動中、鯛ラバのスカートの替えを買いにふと立ち寄ったフィッシングマックス二色浜で偶然
にもYさんと遭遇。お互い鯛ラバ小コーナーで商品を手にとり二人とも準備万端。

AM06:00
気になっていた雨もぽつぽつ程度で、気持ちよく出漁!
風もなく静かな波、順調に友ヶ島界隈までくるが今日はどこのポイントも驚くほどガラガラ。
釣れれば、一気に釣り天国と期待が高まる↑。

AM07:00
上りの潮、島の南側でまずは鯛ラバ開始!
新しい竿とリールがとても扱いやすく、巻き巻きするだけで楽しい。
最初の鯛ラバは、オレンジで勝負。

4度目のフォール、そこについて2回まわした時点でさっそく
ゴン、ゴン!
ゴーン!

やったー、ヒット。幸先いいぞ!
食べごろサイズで、綺麗なアイシャドウ、ずいぶんべっぴんさんだ。
鯛は大好きだが、メスの綺麗な鯛は見るだけでもうれしい一品。ほんま綺麗やなー。
DSCN0735_convert_20131019224150.jpg

おっと、フグ調達要員の役割を忘れるところだった・・・

その後3フォール目、20M前後で糸の入りが弱まる。!!!
おそらく、あやつ フグが掛りよったぞ。
そのままボトムまで落として一巻き、やっぱりフグヒット。

YAKUMO師匠も朝一からうれしいお土産確保にサイズ小さいながら上機嫌。
「トラフグ釣ったら~無料乗船券やるぞ!!」いつのまにか鯛ラバがフグラバに(笑)。

その後も巻き巻き、Yさんにもヒット!
(紅牙で表示されるリールの巻き速度を共有したのがよかったのかしら?)

その後は、当たりも弱まり、ネクタイをピンク系にしたり、赤系にしたりちょこちょこ替えてみたが
効果もなし。
YAKUMO師匠は、魚探の反応を見ながらこれなら高仕掛けの方が有利そうだと、いつのまにか仕掛けが
変わっている。

ということで、鯛ラバは2時間で終了。

AM10:30
下りの潮に合わせて、北へポイント移動!
魚探には中層に鯛の反応がずっと続いている。
ということで、高仕掛けを準備し電動で巻き巻きスタート!
今日は、朝一鯛ラバでアタリを引いているだけに、今日こそは高仕掛けで鯛を釣りたい・・・

…殺気が強いのかやっぱり釣れない、あたりすらない(笑)。

YAKUMO師匠には、さっそくのヒット!鯛をゲット!
高仕掛けでアジまでゲット!
DSCN0740_convert_20131019225258a.jpg
さすが師匠。週末素人漁師というだけあって、高仕掛けをさばく姿がみょーにしっくりくる。
よくよく観察していると、ただ落として巻いてというよりも、反応を見てときには途中でも落としなおしているようだ。

あれま、Yさんも高仕掛けで鯛ヒット! 
DSCN0738_convert_20131019224400a.jpg

常に竿を手持ちしているだけ、あるなぁーと関心。
えっ? 私ですか。 
もちろん、置き竿、電動巻き巻きの高仕掛けです。
アタリがあると合わせたくなるのと、少しでも竿に触れず殺気を消すためです(爆)。

しかーし、師匠がさらに鯛を1枚追加するが、釣れなーい!魚探には魚が映っているのに!!

釣れないので、電動に任せて、船尾のYさんのところにいき雑談。
師匠から、「ハイよあげて!」の指示で船尾から船首の自席に戻る。

おや!?
なんということでしょう!
私が居ぬ間に、竿がゴンゴンだ。ヒット! 

高仕掛けで、釣った(釣られた?)鯛だー!
殺気を消す、新しいテクニックがさく裂だー(笑)。
DSCN0739_convert_20131019224457.jpg

これまた綺麗なべっぴんさんの鯛が上がってきた。いいサイズだ。
よく喰ってくれたなー、ありがとう!

おや?
なんということでしょう!
ハリは、目の上にちょんがけ状態~(爆)。※みにくいですが、上記写真参照


師匠とYさん、大笑いで
「初の高仕掛けとはいえんなぁー。放置で気づいてなんで2分の1,
 おまけに喰ったんじゃなくて目の上でかかったので2分の1だな釣ったのは…」

がっくし、ということは1/4の釣果ということで、はい
高仕掛け 7と3/4連続○ボーとちょっとだけ泉南記録が更新です(笑)。

気を取り直して、今度こそと竿を持って投入。
おっ、あたりヒット!!
ついに釣りよったと船上興奮、師匠は何枚も写真をとってくれ。Yさんはタモをもってサポートへ。

アジでした↓(おいしいけど、あなたじゃないのです今は)

船上で皆で大笑い。


PM02:00
風も強くなりはじめ、波も上がり始めたので帰港準備。
あっという間に波が上がったのには驚いた。
気象情報は常にチェックしておかないといけないなと勉強になった。

今日は、高仕掛けしているところから400Mくらい離れたところにスーパーボイルが何度も発生。
すごかったな。
DSCN0741_convert_20131019224541.jpg

ともあれ、Yさんと鯛ラバできたし、鯛ラバ用のNewロッドとリールで鯛もゲットしたし楽しかった。
高仕掛けは、次回こそきっちり釣りきりたいと心に誓っての帰宅。
DSCN0742_convert_20131019224638.jpg

自宅到着
片づけしてたら、手がすべってNewなリールがポロリ、あぁーあ傷がついてしまった(がっくし)。
大事なピンクのリールが…

上手いこと写真とれませんでしたが、こちらの鯛もほんと綺麗なピンク色で光ってました。

この鯛は、べっぴんさんというよりもスーパーモデルのような綺麗な色でした。
めでたし、めでたし。
※日曜にフルコースでゆっくり鯛を堪能しよっと!


DSCN0743_convert_20131019224823.jpg

MY釣果
鯛 30cm ,40cm 2匹
フグ 20cm 1匹
アジ 30cm 1匹

潮汐&潮流
天気 曇り時々小雨 (日の出 6時8分)
大潮 6時20分 162cm / 12時9分 58cm / 17時56分 174cm
-------
0645 2.7 北流
1018 転流
1301 2.6 南流
1557 転流
1847 1.5 北流
-------


10月17日 鯛釣ったどー! もちろん気分だけ…

前回のフグラバ、ハゲラバ疑惑も消えぬままだが、初めてホームで鯛を伝ったのも鯛ラバだけあって
寝ても覚めても気になる存在だ。

鯛ラバといいつつ、ロッドもリーディング73で、使っているリールは電動400C PLAYS。
巻き巻きするのも電動リールではどうも難しいし、リーディングのバットも短くて竿先もブレブレ。

凄腕の方々と違い腕はまだまだ、道具でカバーできる部分はないかとネットで物色、フムフム…

『より確実に掛ける。そして獲る』
美しい‘紅色’と獲物に食らいつく鯛の鋭い‘牙’がブランド名の由来 ...


おっなんか釣れそうじゃん!とコマーシャル戦略に毒され、気分だけで
リールとロッドをポチっとやってしまった。


ようやく本日到着。やったー待ってましたダイワの紅牙です。
DSC_0064_convert_20131017215241.jpg

ロッドは、紅牙69MHB-S。第一印象は、何この竿先細っそー、天井突いたらポキッといきそう。
自然な食い込みをさせるためか、竿先はほんとやわらかいけど、適度に腰は強そう。
一つ上のメタルトップシリーズもあったが、初心者にはこれで十分!
何よりうれしかったのは、バット部分が長くなっているため脇に挟んだときに、
リールの位置がいいところにあるので竿先をブラさずに巻き巻きする負担がだいぶ減りそうだ。

リールの紅牙ICSは巻き取り速度表示がついている。師匠のソルティストと巻き速度表示の基準は同じようだ。
DSC_0065_convert_20131017215534.jpg
それよりもうれしかったのは、巻き巻きの軽快さ!
当たり前だが、今まで電動で巻き巻きしていたことを後悔する。
これで巻き巻きの負担から解放される。。。

ピンク色のアクセントもちょっとワクワクを盛り上げてくれる。
ちょっとうれしくなって、リビングのソファーの上に立ってイメージトレーニング。

巻き巻き。
そりゃー!
大物だ!


はっ!? (キョロキョロ)
えー大人が何してるんやろと冷静になってトレーニング終了。

修行中の身、道具に頼るだけではダメダメ。

前回フグに、やられまくった鯛ラバのスカートとネクタイの修理を終えて、一息。

ここからがほんとの修行。
はじめてのアシストフック作りだー。
DSC_0066_convert_20131017215343.jpg


買うと2つで420円もする。1000円も出せば15個くらい作れそうだと、アホらしくて自作することを決意。
凄腕の方々にはなんてこともないが、ド素人の私は、本結びでハリを結んだことがないのでいい練習だ。

運よく師匠のお土産調達のフグが入れぐいになってもいいようにちょっと多めに作成。
根気。。。ふー終わった。
10個も作成すれば結び方もマスターちょっとだけスキルアップできた秋の夜だった。
※結び目からハリまでの間隔は既製品をまねたが、結び目からリーダー結ぶところまでは結構まちまち。
 遊動式なので影響ないと信じてますが大丈夫かな?
DSC_0067_convert_20131017215410.jpg

遅ればせながら ではありますが 道具も揃った!

鯛ラバ「巻き巻き」、いつくるか分らぬ大物夢見て おやすみなさい(-_-)zzz





10月13日(日) 必殺仕事人! ○○ラバ

YAKUMO師匠に誘われて、本日はGBさんと太刀魚・アジメインでの釣行。

ワクワクし過ぎて、6時出船なのに港に5時半到着!
これでもはやる気持ちを抑えての到着ですよ、
前日の寝る前までは港に3時に来て、エギング&ワインドでもして待っていようかと思ってたくらいですから(笑)

こんなに朝早くに、港には似つかわしくない色白の美しい女性がテクテクこっちにやってくる…
あっ、てんにゃんさんかな?てんにゃんさんだ!しばし雑談。

サングラス姿しか拝見したことがなく、少々突然のことですっかりF2Fでの初めてのご挨拶?をし損なってしまったorz (てんにゃんさん いつもありがとうございます。これからもよろしくです。)

朝一の港は、これからの出漁に備えてちょっとだけ緊張感があって気持ちいい。
師匠艇の前で出漁までイメージトレーニング…
DSCN0718_convert_20131013214948.jpg


午前は下りの潮、午後は上りの潮 ということで
朝一は、久々のオオアジ釣り!

AM07:30
いざ、仕掛け投入!ではなくて。
カッパ○ボー菌の繁殖を抑えるために投入前に、まずはきちんとアルコール消毒(笑)。
DSCN0720_convert_20131013215031.jpg


消毒完了、投入!
ん?アジの生体反応が感じられない… 

ハイ、次!ということで、気持ちを切り替え太刀魚釣りへ移動。
久々の大船団だ。
DSCN0722_convert_20131013215240.jpg

水深80Mのポイントへ
落として5MもしないうちにHit! 次もHit!
DSCN0723_convert_20131013215328.jpg

その後はあたりすらなし。巻く速度を変えてもダメ、ストップ&ゴーでもダメ。
後ろでは、YAKUMO師匠、GBさんは当たり連発でホイホイ釣りあげている。
気前よく小さいのもリリースするほど…

ん? 何かが違う? ケミホタル折り忘れて光ってない!
DSCN0721_convert_20131013215155.jpg

いやー、釣れないのはケミホタルのせいでした。

その後なんとか追加のゲットで、太刀魚は5本で終了(がっくし)。
YAKUMO師匠とGBさんは二人で40本オーバーの釣果、さすがです。

いやー、釣れないのはのせいでした。に心の中で修正しておきましたよ、師匠。


PM00:30
島の南で鯛ラバするため移動。前回50ゲットしたところだけに期待が高まる。

高級鯛ラバ投入!
一投目で底に着くなり。キタ、キタ、うーんこの感触がたまらない。

カツ、カツ! (ライン25M) ラッキー 喰え喰え 鯛だ!
カツ、カツ! (ライン20M)  そろそろ 竿がグイーンだろ!
カツ、カツ! (ライン15M)  あの~、いつまでそれ続けますか?遠慮なくどうぞ。
カツ、カツ! (ライン10M)  そろそろ食べてもらわないと、姿見えちゃいますよ。
カツ、カツ! (ライン3M)  ん? 

“ふぐ” でした(残念)。
鯛ラバスカートずたずた、ハリもボロボロ(がっくし)

振り返れば「よっしゃ!カッパ 今日はええ仕事すんなー!」と師匠は、大喜び!! 

気を取り直してその後再投入 
ハイまた“ふぐ” YAKUMO師匠「ほんまええ仕事すんなー!!」と上機嫌。 

その後もハイまた“ふぐ” YAKUMO師匠「その仕掛け鯛ラバか? 間違ってフグラバ買ったんちゃうん?」上機嫌
※こっそり師匠の鯛ラバ確認 同じも鯛ラバでしたよ。

ふぐは不服そうで膨れているが、高級鯛ラバぐちゃぐちゃ、こっちの方が腹立たしいぞー。
DSCN0725_convert_20131013215408.jpg

最後の投入。

コツ! コツ! おおぉーこのあたりはフグじゃないぞー 鯛だー。

釣りあがってきたのは じゃーん!
DSCN0727_convert_20131013215514.jpg

カ ・ ワ ・ ハ ・ ギ
最後にこいつが、お・も・て・な・し。

PM02:30
ストップフィッシング。
DSCN0728_convert_20131013215559.jpg

新鮮な魚がたくさんで、せっかくなので自宅に帰って、さっそく庭でBBQ。
あぶりと塩焼き太刀魚、太刀魚卵、カワハギ刺身を堪能しました。
DSCN0731_convert_20131013215706.jpg

さて、僕の釣果は厳しかったけど楽しかったなー。

皆さん、鯛ラバの中には、姿形は同じでも「ふぐラバ」「ハゲラバ」が混じって売られていますよ!
購入の際には、注意してよく見て買ってくださいね(笑、笑、笑)


MY釣果
太刀魚 3,4サイズ 5本
フグ 30cm 3匹
カワハギ 20cm 1匹

潮汐&潮流
天気 晴れ (日の出 6時3分)
小潮 7時33分 58cm / 16時26分 136cm
-------
0119 0.9 北流
0327 転流
0710 2.1 南流
1029 転流
1405 2.7 北流
1752 転流
-------



10月12日危うく ⚪︎ボー危機一髪

昨晩魚釣りにいきたいということで、息子を連れて家から10分の泉大津の波止場に。

4時半スタートフィッシング。真っ暗で暑いが日が昇るのが遅くなっていて秋を感じる。
まずは、タチウオ狙い。

ワイヤーいらずの引きテンヤのタチウオゲッターにキビナゴつけて投入。
あたりはあるがなかなか乗らない。

ふっと横を見ると見事なしゃくりでワインドをする我が子。
最近ようやく一人で投げれるようになって釣りが楽しいらしい。親子揃って、釣りバカ(笑)。
ヘッドライトもつけて一人前に「時合はまだぁ?」とかいう。
20131012120521696.jpg
これは負けられないとこちらも引くが釣れず、隣のウキ釣りの人が釣り上げたタチウオは指2本、くわえるのがまだ下手くそだったのか、自分の腕かはあえて触れない。
日の出を迎えてあえなくタチウオ⚪︎ボー(笑)。
妙に、朝日が眩しい。。。 ん?? 泪?

そんな父親を横目に、いつの間にかサビキ釣りを開始してアジが釣れたと喜ぶ子供。
20131012120520408.jpg

や、っや、ヤバイ。
嫌な予感がお父ちゃんはまだ⚪︎ボーやで。。。

と気を取り直して、最近ここらで釣れてるサヨリ釣りに仕掛けをチェンジ。
さしえさは、ハンペン。
まだ7時半、ちょっと早いかな〜と不安いっぱいに遠投。

ぴっしゃ!とヒット。
ミニュチュア版のカジキ釣りのように跳ねるは走る走る!

初めてサヨリをみた子供は大興奮。(魚を大きく見せるため写真のみ拡大、笑)
201310121205203cc.jpg

気を良くして「父ちゃんすごいやろ!」といえば、、、

「頑張って釣ってや、あと10匹ないと晩飯ならんで」と子供からのダメ出し(爆)

そのあと、風もでて釣りにくいので9時半にストップフィッシング。

サヨリ釣りひさびさにしたが、結講楽しい!
家でダラダラよりも朝一潮風が気持ちいい。

釣果
マアジ 17cm 1匹
サヨリ 25~35cm 6匹

潮汐
小潮 6時50分 52cm 15時10分 141cm

日出 6時1分
日没 17時29分

釣果につながらない魚の飼育

魚の習性を知ることは釣りの腕前アップにつながるのか?

うーん、私の場合はかなり微妙…

我が家の一員を毎日観察しているが言えることは、
IMAG0032_convert_20131010201837.jpg

魚は、餌以外の存在にはとってもナイーブだ。
我が家の魚を観察していると、友ヶ島界隈の鯛の頭には嫌というほど鉛がふってくるわけで、考えるだけでも
気の毒な光景だ。
それでも釣れるわけで、ひらひらした疑似がとってもおいしそうで魅力的にみえるからなのだろう。

魚の食い気は、水温や水流にも影響される。
ちっちゃな海を再現した水槽の中でも、水温が急激に1度下がるだけで餌の悔いが悪くなるし、3,4度下がろうものなら、あっというまに病気になってしまう。
ということで、水槽クーラーは、魚により個体差はあるが常に23.8度キープ。(我が家の電気代25%の犯人 とほほ)
DSC_0062_convert_20131010201627.jpg


水槽の中も、複雑な水流ができるほうが魚も元気で食い気があがる。
水槽内は静かなようで、実は水流コントロールのファンで洗濯機のようだ。
魚のいるところは、複雑な海流が自然とできる地形の場所なんだろうなと思うと友ヶ島周辺の海図をみるのも楽しい。

次いで、水質にもナイーブ…

といいながら、2週間ぶりの水替えを本日実施。
DSC_0063_convert_20131010201659.jpg

恐ろしく汚い水槽のろ過槽… さらに億劫だorz

結構これが面倒なんです。

水は、不純物を限りなくなくしたものが理想なので、RO水求めて、我が家では大型スーパーまで汲みにいかなきゃならない。(スーパーででっかいペットボトルにおばちゃん達が入れて帰っているあの水です。我が家では水槽の水)

専用の塩は、10L当たり380gも使用。
DSC_0061_convert_20131010201546.jpg

こんな濃い、塩水人間が飲んだら死んじゃうな。

水替え最後の仕上げは、できた海水にフルカクテルのスパイス注入!
DSC_0064_convert_20131010201735.jpg

ふーぅ

ようやく綺麗になって終了!!
DSC_0066_convert_20131010201808.jpg

毎度思うのが、
釣りで釣れるあの大鯛なんかが育つのはほんと恵まれた環境だとつくづく思う。

水流に水温、水質きっと一級品に違いない。

そのありがたい幸を次回の釣行ではものにしたいなぁ。

あぁー次回釣行が待ち遠しい!!
お魚さん誰にも釣られず待ってってね。





ブログスタートまで(2012年4月~2013年9月)

201210DSCN0292_convert_20131009121539.jpg
こんなにハマると思っていなかったボート釣り...

ブログスタートに至るまでの 中毒への道のりはあっという間(笑)

2012年4月
YAKUMO師匠に誘われて初めてのボート釣りでガシラ 
その翌週には、師匠おすすめロッド・リールをフルセットで無意識に購入してしまった。
img20120415195634871_convert_20131009104134_convert_20131009111714.jpg

2012年5月
おNewな、ロッドとリールで初の鯛釣り、高仕掛け。当然○ボー(笑)。
それでも外道だけはしっかり相手をしてくれ、ここで釣りの魅力にノックダウン。

2012年6-7月
ボート釣りを身近に感じたくて、1級船舶免許のお勉強開始
マイボートを夢見て7月無事に免許取得!(喜)
DSC_0059.jpg

2012年8月
初めての大アジ釣り、掛ってはバラシでわくわくハラハラ。
タモを持つ手がぎこちない(笑)
YAKUMO師匠の名操船に助けられたくさんの大アジの引きを楽しめました。
201208_convert_20131009115241.png

2012年9月
遠く南紀へ、キハダマグロ釣りにYAKUMO師匠のクルーとして初遠征。
YAKUMO師匠がビンタを釣りあげる中、おいらはがっくしの○ボー(外道のシイラだけが慰めに来られました)。
それでも南紀の青いきれいな海上で食べた、ぶるまん師匠がっくり亭からのビンタ漬は最高でした!

2012年10月
新たにロッドとリールを新調して、ノマセ釣りで初のメジロゲット!
和歌山県が釣れたのか、魚が釣れたのかも分かりませんでしたが...(笑)

初めてのアオリイカ釣りは、ガメラ(コウイカ)一匹!
釣り上げ後は、盛大なスミ攻撃で汚れた師匠艇の掃除で終了(爆)。

2012年11月
遊魚船とやらに初めて会社の人と乗船。
電動でぐぃーん、ぐぃーん巻いてるだけの誘いで、釣れた太刀魚釣り大漁で楽しかった。
201210DSCN0292_convert_20131009121539.jpg

でも、指示されたところでおもりを落とすだけで魚探の反応もみれない遊魚船の釣りはワクワク感がなくて
自分には向かないなぁーと実感。

2012年12月
ひょっとして、そろそろお気づきかと・・・
そうです、ボート釣りを初めて鯛○ぼーなんです。
この頃からインフルエンザ並みの猛威を振るうと噂のカッパ菌が泉南で発見(笑)!!

2013年1月

カッパ菌が吹き荒れる中で、第1回新春YAKUMO杯開催。
刺客として、ぶるまん師匠のお船に初めてお世話になりました。
YAKUMO師匠艇がごそごそされておりましたが・・・

もちろん記念すべき第1回は、カッパ菌により参加者全員鯛○ボーという恐ろしいことに(爆)。
第2回が楽しみです!
DSCN0461_convert_20131009123255.jpg

2013年2月
連チャンの鯛○ボー続きに救世主!
YAKUMO師匠から爆釣りの小豆島なら釣れるだろうと付き添いで、明石の凄腕船頭FORESTさんにお邪魔してお世話なりました。
期待の釣果は、ぶるまん師匠がそっと遠くから温かく見守る中(?)、恐ろしい船団の中で
鯛をようやく釣り上げゲット!

のちに、ぶるまん師匠より「ホーム鯛以外はノーカウント!」というお言葉で、鯛○ボー継続中に(笑)。

2013年3‐8月
師匠が、鯛を釣り上げる横で鯛○ボーの記録ばく進!
お手製仕掛けが悪いのか、腕がさらに悪すぎるのか、気がつけば鯛○ボー7連続という恐ろしい記録を樹立してしまった。

2013年9月
巻き巻きさえできれば釣れる!という鯛ラバ、そのクレームを信じて
YAKUMO師匠のご指定「高級鯛ラバ」なる恐ろしく庶民には高い鯛ラバで…巻き 巻き 、??

ゴン!ゴン!!ゴーーン!!!
初めて鯛が釣れた!! 50鯛!!

YAKUMO師匠 ありがとうございます!
img20130929201346566_convert_20131009125802.jpg


そうです!
お気づきのあなたは鋭い!

おかげさまで鯛は釣れたが、

現在も高仕掛けホーム鯛○ボー変わらず・・・
○ボー更新でもやっぱり海と釣りは楽しいなぁ(笑、笑、笑)

皆さんどうぞご指導をよろしくお願いします!

運命の時2012年4月
初めてのボート釣りですっかりその魅力にとりつかれてしまいました。

いつかはYAKUMO師匠ぶるまん師匠(?)、名船頭の皆さまのようになれると夢見て、
皆さまの下で学ぶ修行記録を作ろうとブログを始めることにしました。
img20120415195634871_convert_20131009104134.jpg


ぶるまん師匠からは、ブログ作成中のオープン前に見つかってしまい...(笑)
さっそく「カッパの釣れない釣れないままに~」とありがたいメールをいただき...(爆)

それでも、海も釣りも大好きです。

○ボー記録、さっそく綴っていきます![ブログスタート時点:ホーム高仕掛け7連続 鯛○ボー 暫定王者]


改めて、このブログを始めるにあたり凄腕師匠・船頭の皆さんとの素敵な指導と出会いに感謝します!
これからもどうぞよろしくお願いします!

プロフィール

カッパ

Author:カッパ
カッパの○ボーの世界へようこそ。釣れなくても海が大好き、楽しみたいそんな釣り記録です。

ニックネーム:カッパ
船名:MIZUKI
船種:ヤンマー FX24CZⅡ
エリア:紀北〜修行中どこまでも

カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
カテゴリ
リンク
ようこそ
潮汐リアル情報(WEBのみ)
QRコード
QR